[磁気誘導によるラットの迷走神経刺激と摂食行動] med./bio.

Magnetically induced vagus nerve stimulation and feeding behavior in rats.

掲載誌: J Physiol Pharmacol 2009; 60 (3): 71-77

迷走神経(VN)は胃腸管と中枢神経系間の双方向伝達に寄与する。磁気により誘導されるソレノイドで、食物による胃膨張時と同様のパラメーターの刺激迷走神経に与えると、短期的な満腹信号が再現され、摂食が抑制されると考えられてきた。この研究では、摂食量を減らすための迷走神経の調節値としての最善のパラメーターの確定が探られるが、それは結果としてラットの体重を減少させ、この研究の目的も肥満症の療法である。実験には肥満したオスの成体ウィスターラットの3つのグループが用いられる。グループ1:VEMF ― 磁界ばく露(MFE)の中の左VNにソレノイド電極が取り付けられる。グループ2:EMF ― MFE の中のVNにソレノイド電極は取り付けられない。グループ3:CON ― MFE の外のVNには電極が取り付けられない。この研究が示唆する所は、左VNにソレノイド電極を付けたラットでは、CON グループに比べ顕著に、摂食、体重増加、血清レプチン濃度において減少が見られたことである。PP値もVEMFグループでは対照グループに比べ高めであった。摂食行動に関し、迷走神経刺激値として最も効果的なパラメーターは、3631、7861、14523 A2 x h/m2 であった。磁界もまた、未知のメカニズムにより、摂食行動に影響している。この研究は、迷走・迷走神経反射が摂食恒常性の一部を成し、肥満症の効果的なコントロール法として神経調節が有効であるかもしれぬことを示唆している。人間にも、これらの効果が得られるかどうかを確かめるにはさらなる研究が望まれる。

ばく露