[電磁過敏症の患者における重金属ばく露] med./bio.

Heavy metal exposure in patients suffering from electromagnetic hypersensitivity.

掲載誌: Sci Total Environ 2010; 408 (4): 774-778

この横断調査は、電磁過敏症(EHS)の症状との関連において仮説的に潜在的要因と考えられている体内重金属レベルを調べた。EHS患者群132人(男性42、女性90)、対照群101人(男性34、女性67)の血中の鉛、水銀およびカドミウム濃度を測定した。その結果、体内重金属レベルはほとんどのEHS症例において重要な意味を持たないことが示されたため、著者らはEHS症例に重金属の解毒を勧める一般的助言を今回のデータは裏付けていないと結論している。

ばく露

この論文に対するコメント