研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[野生の哺乳類に対する電磁的汚染の発生:徐々に自然界に影響を与える新たな“有害物”?] review

The incidence of electromagnetic pollution on wild mammals: A new "poison" with a slow effect on nature?

掲載誌: Environmentalist 2010: 90-97

このレビューは、無線通信機器の高周波電磁界生物に及ぼす影響、および野生の哺乳類に与える影響に関するものである。内容は、携帯電話アンテナの物理的・技術的特性、野生生物への影響研究で重要な科学的発見、生物への作用メカニズム、実験の難しさである。著者は、マイクロ波無線周波領域の電磁界による汚染が一部の哺乳動物の個体数減の原因である可能性を考慮して、有害な健康影響を測定するために有効と思われるいくつかのタイプの研究を提案している。

影響評価項目

ばく露