研究のタイプ: レビュー (医学/生物学の研究)

[テラヘルツ波ばく露と生物組織との相互作用] review

The interaction between Terahertz radiation and biological tissue.

掲載誌: Phys Med Biol 2001; 46 (9): R101-R112

テラヘルツTHz放射は、電磁スペクトル(EM)の0.3 と20THzとの間を占領する。最近のTHzを放射する方法から、放射分子組織との間の相互作用に興味が見られている。この領域の光子エネルギーを2.0 x 10-22 と1.3 x 10-20 Jとすると、相互作用の解析には媒質誘電率伝導率分子のエネルギーレベル間の遷移についても理解する必要がある。この論文は、THz放射生物分子細胞組織との相互作用を理解することである。6THz以下の周波数では、相互作用は、古典的な電磁波の相互作用(誘電率と導電率を含み)として理解できるかもしれないが、高い周波数では、異なった分子的な振動と回転のエネルギーレベル間の遷移の重要性が増し、量子力学の枠組みでの容易に理解できる。特に、THz帯では後者がDNAの様々な振動モード間の遷移を調べるのに興味がもたれる。Thz放射分子生物間の相互作用を理解知るにはさらに研究が必要である。

影響評価項目

ばく露