研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[無線周波電磁界、トランスサイレチン、アルツハイマー病] review

Radiofrequency fields, transthyretin, and Alzheimer's disease.

掲載誌: J Alzheimers Dis 2010; 20 (2): 599-606

この研究の著者らは、アルツハイマー病(AD)マウスにおいて、無線周波電磁界ばく露により脳のアミロイド-β(Aβ)凝集の減少と可溶性Aβ濃度の増加が起こり、脳へのAβ沈着の減少が示されたという報告に基づき、この現象はトランスチレチン(TTR)により説明されるという仮説を提案し、この研究では、横断調査とボランティアによる誘発研究を行った。横断研究では、313人の対象者から採取した血清TTRを脳脊髄液TTRのマーカーとして使用し、そのTTRと携帯電話およびデスクトップ・コードレス電話の使用開始からの期間との間に統計的に有意な正のβ係数を見出したと報告している。また、誘発研究(41人)では、890MHz GSM信号をSAR 1.0 W/ kgで脳の側頭部に30分間ばく露した後、60分経過して採取した血清TTRに統計的に有意な増加が見られたと報告し、無線周波電磁界認知に与える恩恵にはTTRが関与するという仮説を提案している。

影響評価項目

ばく露