研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[総説:ヒトの神経系に対する無線周波電磁界の影響] review

Effects of radiofrequency electromagnetic fields on the human nervous system.

掲載誌: J Toxicol Environ Health B Crit Rev 2009; 12 (8): 572-597

この総説は、ヒトの神経系に対する無線周波電磁界の影響に関する研究の丹念なレビューである。構成は、まず健常人での研究を、認知タスク実験、脳電図スペクトルパワー分析、覚醒安静時脳電図睡眠脳電図事象関連電位局所脳血流、聴覚・前庭器官前庭器官への影響、聴覚誘発電位耳音響放射、聴力)の影響評価項目別にまとめている。次に、電磁過敏症を申告する人を対象とした研究を、横断調査 誘発実験研究、認知タスク実験、聴覚および前庭機能への影響研究についてまとめている。最後に、子供と思春期層を対象とした認知タスク実験、事象関連電位研究をまとめている。全般的には、どの影響評価項目についても結果に一貫性がない;誘発研究ではEMFばく露症状因果関係は実証されていない;症状発現には、影響を意識的に予期するなどの心理的要因が大きな役割を持つという明白な示唆がある、などと報告している。

影響評価項目

ばく露

関連論文