[非接触受動的な頭蓋内の脳の診断法:誘電マッチング材料を用いた研究] tech./dosim.

Contactless passive diagnosis for brain intracranial applications: A study using dielectric matching materials.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2010; 31 (5): 335-349

この研究は、既に製作されているマイクロ波ラジオメトリーを用いた受動的頭蓋内モニタリングの試作装置の仕様変更について、理論的、実験的に検討した。この試作装置は、回転楕円体型をした導電性の壁でビームを形成、収束させ、高感度マルチバンドレシーバーで信号検出するもので、既にファントム及び生物組織で温度および/または導電率の変化情報を提供する能力を示したと述べている。ビーム収束のための誘電マッチング層を頭部周囲に置くことで検出深さにどのような影響があるかを理論的に検討し、ファントム実験で、検出レベルと空間分解能を検討した。結果を総合すると、誘電マッチング層により検出深さと温度の検出レベルが改善されることが示されたと報告している。

ばく露