[オフィスおよび無線センサ・ネットワークテストベッドにおけるWLANへの公衆ばく露の評価手順] tech./dosim.

Procedure for assessment of general public exposure from WLAN in offices and in wireless sensor network testbed.

掲載誌: Health Phys 2010; 98 (4): 628-638

この研究は、構内無線ネットワーク(WLAN)からの無線周波電磁界ばく露を実験的に測定し、ばく露制限値のコンプライアンス試験の至適計測条件を明らかにするために実験を行った。7つのWLANがあるオフィス室内で、WLANアクセスポイントへのばく露を222箇所で測定し、また、無線センサ実験環境(WiLab)を同時に稼働させた場合の評価も行った。その結果、WLAN(WiLabなし)の平均バックグラウンドばく露は0.12 V m-1、95パーセンタイル値は0.90 V m-1であった;WiLabを稼働させた場合は1.9 V m-1まで増大し、95パーセンタイル値は4.7 V m-1であった;いずれもガイドライン値を大きく下回るが、WiLabはデューティサイクルが高いため、ばく露を上昇させやすい、などの所見を報告し、簡便な測定法が提案できたと結論している。

ばく露