研究のタイプ: レビュー (疫学研究)

[電磁界(非電離放射線)へのばく露と小児白血病との関連:系統的レビュー] review

Exposure to electromagnetic fields (non-ionizing radiation) and its relationship with childhood leukemia: A systematic review.

掲載誌: Sci Total Environ 2010; 408 (16): 3062-3069

非電離放射線を含む物理的汚染への小児期のばく露は、多数の疾患と関わりがあり、普及と増加を示すこの種の発生源に対する懸念が起きている。このレビューの第一の目的は、非電離放射線への一般環境ばく露小児白血病リスクの関連についての知識の現状を分析することである。MEDLINE/PubMed データベースを利用して、この関連を調査した1979年から2008年までの科学的発表をレビューした。これまでの研究は、非電離放射線小児白血病の関連について納得できる確証を得ておらず、かといって完全に排除したわけでもない。多くの研究結果の間に存在するかい離は、交絡因子選択バイアス・誤分類の影響を受けたと思われる。小児期の障害は、遺伝子損傷またはゲノム修飾的損傷、および胚または胎児への影響に起因するが、それらは、受胎前または妊娠中の親の環境ばく露に関連するであろう。したがって、研究者にとって、調査すべきばく露の種類および範囲を先験的に定めることが決め手となる。解決すべき方法論的問題は、各個人の診断分類を適切に行うこと、非電離放射線へのばく露推定である。これらは、様々の仕組みを通して働く。非電離放射線ばく露と人の健康悪影響の関連についての実験と疫学を組み合わせた研究に基づき、低周波電磁界静磁界ばく露基準を再検討することに緊急の必要性があると思われる。

影響評価項目

ばく露