研究のタイプ: サーベイ (医学/生物学の研究)

[ELFノイズ電磁界:レビュー] review

ELF Noise Fields: A Review.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2010; 29 (3): 72-97

この総説は、米国のCatholic University of America (CUA) のBioelectromagnetics groupが1990年代に行った研究をレビューしている。これらの研究は、Greeneらの論文(1991年;Biochem.Biophys. Res. Commun. 174:742-749)に始まる、Litovitz、Krause、Mullinsらの一連の研究で、低レベル電磁界生物学的影響におけるメカニズムおよび影響に係わる物理的パラメータを探索したものである。彼らは、低レベル電磁界干渉時間、一定性、空間平均に依存して影響が起こり、さらにELFノイズ磁界の印加により影響が修正されるなどの研究結果を示した。他の研究者による彼らの研究結果の再現は成功しなかったが、このレビューの著者は、彼らの研究の重要性を指摘している。

影響評価項目

ばく露