研究のタイプ: サーベイ

[携帯電話、電力線、その他の電磁界技術に対するリスク・ガバナンス] review

Risk governance for mobile phones, power lines, and other EMF technologies.

掲載誌: Risk Anal 2010; 30 (10): 1481-1494

この論文は、電力周波および無線周波電磁界リスク・ガバナンスについて展望したものである。まず、電力周波および無線周波電磁界それぞれの問題の経緯、特徴、現状などを要約し、それぞれのリスク・ガバナンスの課題を指摘している。最後に、全体的なリスク・ガバナンスの欠陥をまとめている。構造的欠陥の1つに、科学的論拠、防護対策実施の結末、リスクの初期警告察知力の限界、時として逆効果を招いてきた安全宣言の試みなどについて言い過ぎや、逆に言葉の不足があるとしている。その他の欠陥として、限定的な住民参加のメカニズム、適切な管理戦略選択におけるトレードオフの確認と評価の不備を挙げている。EMFのリスク管理は、確かにまだ完全ではないが、電力周波数リスク管理は進化しており、数多くの成功例がある;電力周波数から得た教訓は、無線周波数EMF及びその他の新たな技術のリスク・ガバナンスに役立つ、と結論している。

影響評価項目

ばく露