[マウスの脊髄損傷後の機能回復に対する曲芸的運動と磁界ばく露の治療効果] med. app.

Therapeutic effects of acrobatic exercise and magnetic field exposure on functional recovery after spinal cord injury in mice.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2011; 32 (1): 49-57

この研究は、曲芸的運動と磁気刺激(MS)を、個別に、または組み合わせてマウスに処置した場合について、脊髄損傷後の回復に対する影響を調べた。回復の進行は6群のマウスで比較した。第1、2群は非損傷マウスと損傷マウスであり、いずれの処置も行わなかった。第3群以降はいずれも損傷マウスであり、第3群は運動+1HzMSばく露、第4群は1Hz MSばく露のみ、第5群は運動+15HzMSばく露、第6群は運動のみとした。治療効果は、下肢運動機能評価法、姿勢評価法などで評価した(Bassoマウススケール、雲梯スケール、姿勢異常スケール)。その結果、全群が実験期間終了時に回復を示した;第3群(運動+1Hz MSばく露)が最も高い機能回復を示した;第5群(運動+15HzMS)、第6群(運動のみ)の成績が最も低かった;損傷病変中央部での白質面積増加は機能回復と強く相関しており、第3群(運動+1Hz MSばく露)で面積が最大であった、と報告している。

ばく露

関連論文