[がん細胞およびマウスの腫瘍に対する生体電磁気学的効果] med. app.

Bioelectromagnetic field effects on cancer cells and mice tumors.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2010; 29 (4): 132-143

この研究は、がん細胞およびマウスの腫瘍に対するmTレベルのELF磁界の影響を調べた。著者らは超低周波(ELF)のパルス電磁界PEMF)および正弦波電磁界(SEMF)による治療は、非侵襲的腫瘍細胞のアポトーシス誘導し、血管形成抑制し、新生物細胞の増殖を妨げ、壊死を生じさせる一方、ヒトのリンパ球への影響は無視できると考え、ブレオマイシン投与下で、ソレノイドコイルにより50Hzの15~20mTの磁界処置を行った結果、がん細胞の死滅およびマウスのMX-1腫瘍抑制に成功したと述べている。

ばく露

関連論文