研究のタイプ: レビュー (医学/生物学の研究)

[携帯電話基地局および他のアンテナアレイからの電磁放射へのばく露による生物学的影響] review

Biological effects from exposure to electromagnetic radiation emitted by cell tower base stations and other antenna arrays

掲載誌: Environ. Rev. 2010; 18: 369-395

この総説は、携帯電話基地局などからの長期、低レベルの無線周波電磁界ばく露(RFR)の健康影響もしくは生物学的影響に関するレビューである。疫学研究については、おもに症状調査の横断研究を取り上げ議論している。生物学的影響に関しては、細胞研究での細胞機能や遺伝子損傷を報告した論文を中心に議論している。結論として、「今後は、すべての環境RFRばく露を考慮に入れた疫学研究を行うことが当然必要である。今日報告されている症状は、1978年に初めて報告された古典的なマイクロ波病であるかもしれない。非電離電磁界は、最も急速に広まった環境汚染形式の一つである。疫学以外の研究からも、現行のばく露ガイドラインをはるかに下回るレベルのばく露での生物学的影響に関して一部を外挿することが可能である」と述べている。

影響評価項目

ばく露