[機能障害である電磁過敏症に関する研究の概観] basics

Aspects of Studies on the Functional Impairment Electrohypersensitivity.

掲載誌: IOP Conf Ser: Earth Environ Sci 2010; 10 (1): 2005-

この論文は、スウェーデンの電磁過敏症(EHS)への取り組みについて解説し、次にEHSの皮膚症状の調査結果を報告している。解説によれば、スウェーデンでは、EHSは完全に公式承認された機能障害である(すなわち、疾患とは考えられていない):この問題の調査研究によれば、900万人の人口のうち、およそ23万人から29万人のスウェーデン人男女が、電磁界EMF)発生源に近づいたときに多様な症状を訴えることを示した:EHSの人達はスウェーデン電磁過敏症協会という障害者団体を組織しており、スウェーデン語と英語のホームページを開設している。この団体は、スウェーデン障害者連盟(Handikappforbundens SamarbetsOrgan; HSO)に加盟している、とのことである。皮膚細胞及び神経系の変化に関する予備データからは、EHSの人の皮膚には、通常の健康なボランティアの皮膚には見られない様々な変化が現れることが示されたと報告している。

ばく露