[電磁界の医学への応用] basics

Medical Applications of Electromagnetic Fields.

掲載誌: IOP Conf Ser: Earth Environ Sci 2010; 10 (1): 2006-

この論文は、マラリア治療およびがん治療への低レベル非電離放射線の応用可能性について述べている。マラリア治療においては、低強度超低周波磁界が、マラリア原虫の内部にある超常磁性のポリマー分子であるヘモゾインの振動誘導し、その結果生じるフリーラジカルと機械的損傷が原虫を死滅させるという仮説を述べている。低レベルEMFのがん治療への応用の理論的根拠は、(1)鉄が仲介するフェントン反応を経由して、非熱的な低レベルEMFが細胞毒性をもつフリーラジカルを増加させる、(2)がん細胞はより多くの遊離鉄を含むため、EMFの細胞毒性作用への感受性が高い、という2つの文献的に確立されたコンセプトに基づいている、と述べている。

ばく露