研究のタイプ: 疫学研究 (exposure assessment/dosimetric study)

[磁界への小児のばく露:居住地での測定と個人ばく露量計での比較] tech./dosim.

Childhood exposure to magnetic fields: residential area measurements compared to personal dosimetry.

掲載誌: Epidemiology 1996; 7 (2): 151-155

国立がん研究研究所の小児がんグループが行っている全米9州の小児白血病の症例-対照研究から2-14歳の小児から64名の対照者を選び、居住磁界の測定と個人ばく露量計による測定を行った。週日で、活動を記録し、24時間庭たる磁界の測定をそれぞれの子供の寝室で行った。活動によると、50%しょう子供は24時間のうち、40%以上を寝室で過ごし、68%は家の中で過ごした。9歳以下の子供では、自宅での個人ばく露レベルは個人の全ばく露レベルとかなりの相関性があり(Sperman相関係数 R=0.94)、9歳以上では関連性は低かった(R=0.59)。子供全体では、24時間の寝室測定は個人ばく露レベルの相関制覇よく(R=0.76)、24時間にわたる寝室での測定が自宅と個人全体のばく露測定の両方にとって有効な指標であった。特に若い小児において、ここでのデータは室内での測定が、現状の住居内、また全磁界ばく露を予測することが出来ることが示唆される。ここでの情報は、ばく露評価の正確性の評価に有効である。

ばく露

この論文に対するコメント