研究のタイプ: 法律/推奨/ガイドライン

[会議報告:小児白血病の原因について理解を深める研究の推奨] guideline

Research recommendations toward a better understanding of the causes of childhood leukemia.

掲載誌: Blood Cancer J 2011; 1 (e 1): 1-6

少人数の専門家グループは、2010年6月に非公開の会議を持ち、小児白血病(CL)の病因をさらに明確にするために、長期戦略の研究アジェンダを決定した。このプロジェクトの動機付けと招聘は、ドイツ連邦放射線防護局(BfS)から起きた。なぜなら、放射線の専門家は、ドイツの核施設周辺でのCLの発生率上昇を示す疫学的知見、および居住環境の低周波磁界へのばく露との統計学的関連に何度も戸惑わされているからである。電離または非電離放射線生物学的メカニズムについての現在の知識を考えれば、2つの知見は説明が困難 である。2つのばく露とも、DNAやその他の標的が直接的な原因として働いたと見なせるようにするには、そのエネルギーは余りにも小さすぎる。2008年5月のリスクファクターに関するワークショップとそのフォローアップミーティングで、CL発症の原因の理解には、幅広い学際的なアプローチが必要であるとの結論に至った。研究アジェンダの議論は、小児の主要な白血病タイプである急性リンパ芽球性白血病ALL)の、特に前駆B細胞ALLに焦点が絞られた。会議では、多様な学問分野の専門家(疫学、臨床、実験的モデル、理論的モデル、分子生物学遺伝学)の見解の発表に基づき、主要な特徴と小児のALLに関する主要な疑問が作成された。それを受けて、最終的に、研究の推奨がまとめられた。

一般的情報

ばく露

原文