[移動体通信の電磁界へのばく露の評価] basics

Assessment of exposure to mobile telecommunication electromagnetic fields.

掲載誌: Wien Med Wochenschr 2011; 161 (9-10): 233-239

携帯無線サービス基地局周辺での一般公衆の典型的ばく露は、ばく露レベルのほんの一部である。基地局の最大送信電力での最大放射は、電力密度参考レベルの数%に達し、典型的放射はおよそ0.1%かそれ以下である。基地局までの距離は信頼性のあるばく露分類ではない。より重要なものは、基地局のメインローブに対する方向と測定点から基地局が見える条件である。携帯電話は、基地局よりも、使用者へのより高いばく露を生じる。送信電力が最大時には、基本制限の80%までになる。したがって、携帯電話へのばく露を最小化するアクション、すなわち、ヘッドセットの使用は、基地局からの放射に対する遮蔽よりずっと大きな潜在力がある。基地局携帯電話も出力の制御機構を採用しており、送信電力および通信トラフィックに依存するばく露を顕著に低減させることができている。この研究では、成人より子供の方が携帯通信システムへのばく露が大きいか否かを調べる。

ばく露