[電磁界の健康リスクの相対的評価] basics

Comparative health risk assessment of electromagnetic fields.

掲載誌: Wien Med Wochenschr 2011; 161 (9-10): 251-262

静的電磁界から電離放射線までの全周波数範囲について相対化した電磁界(EMFs)のリスク評価を行った。比較は、環境EMFばく露レベルの発がん可能性を基盤にして、物理的および生物的相互作用における相当な相違と潜在的な健康悪影響の性質により行った。証拠のレベルについての精密な識別と入手可能なデータベースが必要になる。結論は、理論的および生物学的相互作用のモデル化、蓄積的影響の証拠、インビトロおよびインビボ研究および疫学的研究など様々な科学的アプローチから得られた結果の概観に基づいた。相対的評価は、客観的結果と公衆のリスク認知との間の顕著な相違を明らかにし、EMFリスクを全体像の中に置いた。また、慎重なる回避に関して個人レベルの対応行動が必要不可欠であることを強く示した。比較は、どのリスク注意することに優先的価値があるかを示す。これはUV範囲に限定されるものではなく、夜間照明または赤外線サウナなどその他のばく露も含まれる。

ばく露