[ミリ波処理は軟骨細胞におけるミトコンドリア依存性のアポトーシス経路を抑制する] med./bio.

Millimeter wave treatment inhibits the mitochondrion-dependent apoptosis pathway in chondrocytes.

掲載誌: Mol Med Rep 2011; 4 (5): 1001-1006

【背景】ミリ波MW)は、波長が1-10 mm、周波数が30-300 GHzの電磁波で、局所的および全身的に多様な生物学的影響を引き起こす。MWは臨床医学に広く利用されている。【目的】我々は先の研究で、MWが軟骨細胞におけるニトロプルシドナトリウム(SNP)誘発アポトーシス抑制する可能性を示したものの、抗アポトーシス活性の精細なメカニズムは未解明のままであった。本研究ではこの点を調べる。【方法】Sprague Dawley系ラット軟骨細胞を単離し、培養し,細胞数を数えた。細胞の生存率をMTT試験により評価した。その後、細胞をSNPおよびMWで処置し、フローサイトメトリアポトーシスを検出した。【結果】MW処置が、SNP誘発性でミトコンドリア依存性のアポトーシス経路を抑制することを実験結果は示した。詳しく見ると、MW処理は、細胞形質膜の非対称性の消失(形質膜の内表面から外表面へのホスファチジルセリンの外部移行)、ミトコンドリア膜電位の崩壊、カスパーゼ9およびカスパーゼ3の活性化を抑制した。【結論】結果を総合すると、MWは軟骨細胞におけるミトコンドリア依存性のアポトーシス経路を抑制することが示され、これが、部分的には、骨関節炎の治療における臨床効果を説明するかも知れない。

ばく露