[個人用無線周波ばく露計の特性記述および試験のための測定装置とプロトコル] tech./dosim.

Measurement setup and protocol for characterizing and testing radio frequency personal exposure meters.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2012; 33 (1): 75-85

【背景】身体装着型の無線周波電磁界RF-EMF)の個人ばく露計(PEMs)は、疫学研究でのばく露評価に徐々に多く利用されるようになった。しかし、これらの装置の測定の正確度については殆ど研究されていない。【目的】PEMsの特性を明らかにし、性能試験を行うための、新しい測定装置と測定プロトコルを提出すること。【方法】作成した測定装置一式とプロトコルの検証を、2台のEME SPY 120で行った。PEMの性能は、電波無反射室内における絶対測定値で分析された。実際の信号として様々なサービスを代表する変調信号は適当なテスターから発生させた。【結果】測定結果は、二乗和の平方根で評価した。測定値の正確度は、搬送周波数およびTDMAサービスの時間スロットの数にも強く依存することが分かった。したがって、全ての測定点での測定時間中のネットワーク信号構成要素の分布が入手できさえすれば、相関係数を導くことは可能である。【結論】測定装置を単純にし、測定プロトコルを分かりやすくした結果、手早くバリデーションが行えることで、PEMの特性記述と性能試験の正確度が高まることになる。

ばく露