[ATP合成酵素のナノレベル生体分子モータの動力学に対する無線周波電界の熱作用の影響のモデル化] tech./dosim.

Modelling the influence of thermal effects induced by radio frequency electric field on the dynamics of the ATPase nano-biomolecular motors.

掲載誌: Phys Med 2012; 28 (3): 221-229

【目的】確率的ゆらぎのある媒質(これは細胞内環境を表す)中で動く、ミトコンドリアにあるF0F1-ATP合成酵素のナノレベル生体分子モータのF0コンポーネントの動力学をモデル化すること。【方法】確率的な動力学を、ゆらぎをホワイトノイズとして扱うLangevin方程式(ブラウン運動を記述する確率微分方程式)によりモデル化した。そのような環境中でのF0回転子の回転運動に対する交番電界の影響を調べた。【結果】電界が与えられると、F0が埋め込まれているミトコンドリア膜に温度上昇が生じる。また電位差が生じ、その電位差がミトコンドリア膜内外電位差(膜電位:TMP)の変化を助長する。熱の誘導とTMPの変化の両者がF0の動力学の変化に貢献する。通常の環境中に存在し、生物が遭遇する無線周波RF)の範囲の外部電磁界においては、F0の動力学に対する貢献度は誘導された熱の効果による方がTMPの変化によるものより大きかった。F0部分の動力学の変化はF0F1-ATP合成酵素タンパク質モータの回転運動の周波数に影響を与え、それが次にはATP分子の産生速度に影響を与える。

ばく露