[2.45 GHzマイクロ波電磁界にばく露したWistar系雄ラットの生殖パターンに対するパルス電磁界の治療効果] med./bio.

The therapeutic effect of a pulsed electromagnetic field on the reproductive patterns of male Wistar rats exposed to a 2.45-GHz microwave field.

掲載誌: Clinics (Sao Paulo) 2011; 66 (7): 1237-1245

【背景】種々の周波数で動作する電子機器への需要の増大に伴い、人工的電磁界への環境ばく露は一貫して増加している。電磁界放射に対して精巣機能は特に影響を受けやすい。【目的】Wistar系雄ラット(70日齢)の生殖器系に対するパルス電磁界(100 Hz)の治療効果を検証すること。【方法】実験は5群に分けて行った:マイクロ波(2.45 GHz)のばく露(擬似、真)、パルス電磁界(100 Hz)のばく露(擬似、真)、マイクロ波パルス電磁界ばく露ばく露は2時間/日で60日間行った。その後屠殺して、精液クレアチンおよびカスパーゼ測定、血清メラトニンおよびテストステロン測定を行った。【結果】ばく露群で、カスパーゼおよびクレアチンキナーゼ有意な上昇、テストステロンおよびメラトニン有意な低下が見られた。この知見は、活性酸素種(潜在的ながん誘導物質)がDNA損傷の主要な原因であることを強調している。しかし、パルス電磁界ばく露は、ファラデー電流誘導することによって、マイクロ波ばく露の影響を軽減する。【結論】電磁界には、活性酸素種を生成することにより精巣機能に影響を与え、精子の成熟に必要なアンドロゲンの生物学的利用率を低下させるハザードがあると認められる。したがって、マイクロ波ばく露は男性の生殖能力に有害な影響を与えるが、その一方、パルス電磁界を用いた治療酸化ストレスと拮抗するスカベンジャー因子として利用できる無侵襲で簡単な技法である。

ばく露

関連論文