研究のタイプ: レビュー (医学/生物学の研究)

[携帯電話と男性の不妊:最近の技術革新とその影響についてのレビュー] review

Cell Phones and Male Infertility: A Review of Recent Innovations in Technology and Consequences.

掲載誌: Int Braz J Urol 2011; 37 (4): 432-454

携帯電話は日常生活の維持に欠かせなくなっている。しかし、それの使用に伴う健康リスクはしばしば見過ごされる。最近、いくつかの研究が示した証拠は、携帯電話使用は精子パラメータに有害な影響を与え、ひいては男性の生殖能力を低下させるという主張を裏付けている。それにも関わらず、その他の研究は、男性不妊携帯電話使用の間の決定的な関連を示していない。このような結果の曖昧さは、携帯電話が引き起こす損傷を測定するために中心となるアッセイがないことに起因する。研究デザイン、倫理、生殖能力についてこそ、どのような結論がなされるにせよ、その前に標準化されなければならない点の全てである。影響を肯定する研究と否定する研究を一覧表にし、様々な影響について著者らの研究グループの知見を中心にレビューしている。高周波電磁界による男性生殖器への影響のメカニズムの仮説として、カルシウムイオン流出活性酸素種をキーポイントにして不妊に至るプロセスを図式化して提案している。

影響評価項目

ばく露

関連論文