[737 kHzから1602 kHzを放射する放送用無線局のオペレータの電磁界ばく露] tech./dosim.

Exposure to electromagnetic fields in operators of broadcast radio stations emitting at 737 kHz to 1602 kHz.

掲載誌: Int J Occup Med Environ Health 1994; 7 (1): 33-39

この研究は、ポーランドで稼働しているAMラジオ局(周波数737 kHzから1602 kHz、出力1kWから750kWの範囲)の28局のうち、5局を選出し、3つの職種グループ(オペレーション、保守、管理)の電磁界EMFばく露レベルを測定した。E(V/m)、H(A/m)、ばく露有効時間で評価した。評価は従来の方法(MEH-1とストップウォッチを使用)とコンピュータ支援型の方法(Holadayプログラマブルレコーダを使用)でそれぞれ評価された。その結果、職種グループ間のばく露レベルの範囲の幅広さは、特定のAM放送局や業務のタイプによるのではなく、送信出力または送信機周辺の防護ゾーンのタイプによるものであることが示された、と報告している。