研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[米国における職業上ばく露と女性の乳がん死亡率] epidem.

Occupational exposures and female breast cancer mortality in the United States.

掲載誌: J Occup Environ Med 1995; 37 (3): 336-348

この研究は、1984年から1989年に24州から収集された死亡記録を職種と産業分野の分類コードで分類し、乳がんリスク要因の候補としての職場ばく露の可能性を検討した。研究デザインは症例対照法で、白人と黒人に分けて分析した。主婦を除いた結果、症例33509、対照117794について、職種ばく露マトリクスを用いて、31種の職業ばく露を受ける確率とそのレベルを推定した。関連性の分析では社会経済状態を調整した。その結果、スチレン、いくつかの有機溶剤(メチレン塩化物炭素塩化物、ホルムアルデヒト)、いくつかの金属/金属酸化物、酸性ミストにおいて、ばく露確率およびばく露レベルとの関連が示唆された;今回の調査は方法論的に限界があるので、さらに研究が必要である、と報告している。

ばく露