[論説:携帯電話と脳腫瘍] comment

Mobile telephones and brain tumours.

掲載誌: BMJ 2011; 343: d6605

この論説は、同誌同号に掲載されたFreiのデンマーク全国コホート研究のデータ更新版(データベースID:A2011xxxx)を中心に携帯電話脳腫瘍疫学研究について見解を述べている。デンマークのコホートの弱点は、よく言われる通り、契約者と使用者が必ずしも一致しないことであるが、著者は長期使用者が契約者でないことは少ないであろうから、参照群(非契約者群)に長期使用者が含まれるという誤分類の影響は小さいであろうと述べている。また、一般的にはがん統計のような集団のデータは分析的調査より情報が少ないものであるが、携帯電話の場合、2009年の時点で人口のほぼ90%が少なくとの7年間携帯電話を使用している状況であるから、集団のデータであっても高い情報性を持ち、その観点からは、スウェーデンの脳腫瘍の統計で発症数のトレンドに変化はないことは安心を与えていると述べている。

ばく露

コメントがつけられた論文