[子供のRFばく露専用の数値的ドシメトリ] tech./dosim.

Numerical dosimetry dedicated to children RF exposure.

掲載誌: Prog Biophys Mol Biol 2011; 107 (3): 421-427

この論文は、子供の無線周波RFばく露の数値ドシメトリについて検討している。子供および胎児のモデル作成過程を分析し、それらを用いたシミュレーションを行った。主要な結果として、現在用いられているコンプライアンス確認手法は子供に対して有効であること、ただし、発生源を平面波とした子供の全身モデルの場合、ICNIRPの参考レベルを遵守していても基本制限の遵守は保証されないことが示されたとしている。また胎児ばく露は常に母体のばく露より低いという結果も示されたとしている。

ばく露