[RFばく露中のヒトの体温調節のシミュレーションにおける温度上昇に影響を及ぼす支配的要因] tech./dosim.

Dominant factors affecting temperature rise in simulations of human thermoregulation during RF exposure.

掲載誌: Phys Med Biol 2011; 56 (23): 7449-7471

この研究では、接地した現実的な人体モデルが周波数が39、800、2400MHzの無線周波電磁界ばく露を受けた場合の局所ピーク温度ならびに深部体温上昇の計算値における、皮膚血流速度、血管拡張や発汗のモデル、着衣、空気の動きといった各種のモデリングパラメータの影響を調べた。この結果、ピーク温度の上昇は組織血流とその温度依存性のモデル化に最も強く影響され、血管拡張や発汗のための中央制御メカニズムによって最も影響されないことが示された。深部体温の上昇についてはほぼ逆であったが、典型的にはピーク温度上昇よりは大幅に低かった。10g平均の局所比吸収率が10W/kg未満の場合、体温調節血液温度の上昇を無視しても十分な近似になりそうだと結論している。

ばく露