[パルス磁界:大豆の苗木生育と収穫量の増大をもたらす現代的手法] med./bio.

Pulsed magnetic field: A contemporary approach offers to enhance plant growth and yield of soybean.

掲載誌: Plant Physiol Biochem 2012; 51: 139-144

本研究では、大豆の成長及び収穫量に対するパルス磁界(PMF)前処理の利用の可能性について調べるため、種子に1500nTのPMFを10.0Hzで1日5時間、20日間にわたり照射した。その結果、PMF前処理により、8日目の苗木において草高が高くなり、新鮮重及び乾燥重、タンパク質含有量は増加し、タンパク質プロファイルが変化し、酵素活性やミネラルの含有量も変化した。PMF処理の株では対照群と比較して、葉、鞘、及び種子の数、鞘の長さ、種子の重量も顕著に大きかった。著者らは、これらの結果から、PMFによる前処理は、タンパク質、ミネラルの蓄積、酵素活性を強化し、成長の促進や収量の増加につながることが示唆されると結論している。

ばく露