研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[VDT作業者の顔皮膚障害:個性的、心理社会学的、物理構造的、VDT関連リスク要因の症例対照研究] epidem.

Facial skin symptoms in visual display terminal (VDT) workers. A case-referent study of personal, psychosocial, building- and VDT-related risk indicators.

掲載誌: Int J Epidemiol 1995; 24 (4): 796-803

事務員4, 943名のスクリーニング質問票による研究と、対象163名の顔面皮膚症状の症例-対照研究との両方の研究プロジェクトが最近終了した。先に発表結果では、女性、喘息/鼻炎、心理的な業務高負荷、VDT、および事務作業が、顔面皮膚症状の有症率の増加に関連した。ここでの症例ー対照研究では、質問票を使用し、臨床検査の情報、就業中の心理社会的因子の調査、職場で行った調査および測定データからとVDT関連因子を構築することで補完している。【結果】心理社会的条件および電磁界ばく露、またはそのような因子との関連した条件が、皮膚症状の発生増加に関連していた。また、この結果は、アトピー性皮膚炎などの個人的因子および紙の充満や清掃頻度などの室内空気の質に影響する物理的ばく露因子が、症状の有症率増加に関連することも示した。【結論】結果は、VDT使用者が報告する皮膚症状は多元的な背景を持つことが示唆される。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文