[長期の静磁界ばく露による線虫の行動低下の量依存的な誘導] med./bio.

Dosage-dependent Induction of Behavioral Decline in Caenorhabditis elegans by Long-term Treatment of Static Magnetic Fields.

掲載誌: J Radiat Res 2012; 53 (1): 24-32

この実験研究では、まず、静磁界下で線虫を成長させ、身体の移動速度を測定した。静磁界強度(0~200mT)が大きいほど、ばく露期間(0、2、4、8日)が長いほど、移動速度(30匹の平均値)が有意に低下することが示された。次に、静磁界ばく露群において、発現が異なる26個の遺伝子を同定した。さらに、このうち主要なアポトーシス経路に関与する遺伝子(ced-3、ced-4、ced-9)について、これらの遺伝子突然変異種では静磁界による行動低下が現れないことを確認した。以上から、静磁界ばく露による行動低下はアポトーシス経路が関与するという仮説の一貫性が示されたと報告している。

ばく露