[脊髄の入射電磁波に対する天然の受信アンテナ的役割と中枢神経系への影響可能性の調査] tech./dosim.

Investigation of the spinal cord as a natural receptor antenna for incident electromagnetic waves and possible impact on the central nervous system.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2012; 31 (2): 101-111

本研究は、「脊髄は、入射電磁界により相当量の電圧を生じることができる線形の導電性構造としてモデル化できる」という著者の考えに基づいた有限差分時間領域法(FDTD)シミュレーション分析を通じて、脊髄が周波数依存性の誘導電圧及び電流密度を生じる天然のアンテナとして働くことを示した、と述べている。多重周波数(100~2400MHz)でのシミュレーションの結果、100MHz前後のFMラジオ帯で電圧及び電流がピークになる応答特性が観察され、その時の強さはCNSにおける変化を潜在的に生じうるのに十分なものであったと報告している。

ばく露