[900及び1800 MHz携帯電話にばく露した中国人頭部の可視化ボクセルファントムにおけるSARに対する義歯の影響] tech./dosim.

Influence of dentures on SAR in the visible Chinese human head voxel phantom exposed to a mobile phone at 900 and 1800 MHz.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2012; 33 (6): 508-517

本研究では、携帯電話使用の際の電磁エネルギー吸収に及ぼす義歯の影響を調べるため、可視化中国人頭部データセットを用いて、900及び1800MHz携帯電話及び0.47波長ダイポールアンテナ放射源、義歯周囲組織内での電磁界波長の1/3から1/2の寸法の義歯を電界方向に対してさまざまな向きに埋め込んだファントムでシミュレーションを実施した。その結果、放射源を通常設定で作動させた場合、10g平均のSARは依然として、IEEE及びICNIRPの基本制限に適合しており、義歯の使用によって安全限度値に対し問題となるようなことは起きないことが示されたと結論している。

ばく露