[航空交通通信用のVHF/UHF送信への定点での職業的ばく露及び一般公衆ばく露] tech./dosim.

In situ occupational and general public exposure to VHF/UHF transmission for air traffic communication.

掲載誌: Radiat Prot Dosimetry 2012; 151 (3): 411-419

この研究は、3つの空港の言語通信のための航空管制用VHF/UHF送信センターからの電界強度を、作業員が頻繁に作業する場所、アンテナからの距離に応じた場所(職業ばく露について意味のある場所、および公衆ばく露に意味のある場所)、広帯域プローブで区域を探索して最大値が得られた場所など74箇所(3センターの合計)について定点測定した結果を報告している。測定は6日間、各点での周波数スペクトラムを測定し、優勢な周波数、そのデューティサイクルを調べ、最悪ケースのデューティサイクルを決定した。全ての測定された電界強度値(最大値ホールド方式で測定)は、ICNIRPの職業ばく露、公衆ばく露限度値を満たすことが示されたと結論している。

ばく露