[解剖学的に正確な電磁界ドシメトリと公表されている電磁界ばく露限度値との関連] tech./dosim.

The relationship between anatomically correct electric and magnetic field dosimetry and published electric and magnetic field exposure limits.

掲載誌: Radiat Prot Dosimetry 2012; 152 (4): 279-295

この論文は、解剖学的に精密な成人モデルによるドシメトリ結果を用いて、電界および磁界の外部ばく露レベルとそのばく露レベルにより生じる生体組織電界レベルの関係、すなわちICNIRPガイドラインやIEEE基準における参考レベル基本制限の関係を評価している。計算結果は、ICNIRPガイドラインやIEEE基準と対比する17枚のグラフで示されている。結論として、今回の改良したモデル化は、確立された生体影響メカニズム(生体とのカップリングによる体内電界が興奮性組織刺激する)に基づく電界および磁界ばく露限度値の定式化の一助になること;末梢神経興奮閾値の特性を示すパラメータおよび末梢神経での作用量の推定をさらに改善することが重要である、と述べている。

ばく露