[新規のマイクロイメージング技術を用いたUHF電磁波放射への赤血球の動的応答のモニタリング] med./bio.

Monitoring dynamic reactions of red blood cells to UHF electromagnetic waves radiation using a novel micro-imaging technology.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2012; 31 (4): 365-374

この研究は、多次元マイクロイメージング、高速多チャンネルマイクロ分光光度法、動的マイクロイメージング分析などの技術を総合して、900MHz電磁界放射下でヒト赤血球細胞に見られる影響を動的に調べた。電磁界強度を変化させ、細胞の形状、大きさ、Hb吸光スペクトラムのパラメータの変化を測定した。実験した強度は、15 μW/cm2 (SAR 6.24 mW/kg)、31μW/cm2 (SAR 12.90mW/kg)、1 mW/cm2(SAR 0.42 W/kg)、 5 mW/cm2 (SAR 2.08 W/kg)である。その結果、極めて低い電力密度(15 μW/cm2, 31μW/cm2)の30分以内の放射では、赤血球細胞に明白な反応はなかった;1 mW/cm2 および5 mW/cm2の放射では、細胞の形状、大きさなどに顕著な変化が見られた、などの所見を報告している

ばく露

研究助成