[電磁過敏症の被験者に対するWCDMA携帯電話からの放射の影響] med./bio.

Effects of radiation emitted by WCDMA mobile phones on electromagnetic hypersensitive subjects.

掲載誌: Environ Health 2012; 11 (1): 69-1-69-8

この研究は、電磁過敏症(EHS)の17人と非EHSの20人での二重ブラインド誘発研究である。無線周波電磁界(RFEMF)のばく露は、WCDMAモジュールを内蔵したヘッドセットを頭部に固定(1950 MHzで平均出力24 dBm、SAR:1.57W/kg)して実施した。実験日を変えて、ばく露セッションおよび擬似ばく露セッション(両方とも32分間)を行い、生理学的変化(心拍数心拍変動呼吸数)、8つの自覚症状、RFEMFの感知を検査した。その結果、WCDMA RF-EMFは両群の生理学的変化および自覚症状に何も違いを生じさせなかった;EHSの人の方が非EHSの人よりRFEMFをより感知するという証拠はなかった、と報告している。

ばく露

研究助成

関連論文