[テラヘルツ電磁界(0.106THz)はin vitroで明白な遺伝的損傷を誘発しない] med./bio.

Terahertz electromagnetic fields (0.106 THz) do not induce manifest genomic damage in vitro.

掲載誌: PLoS One 2012; 7 (9): e46397

この研究は、近年応用が広まっているテラヘルツ電磁界リスク評価を目的とした細胞実験である。HaCaT、HDF細胞はDMEM培養液、AL細胞はRPMI-1640培養液で通常培養し、0.106THzのテラヘルツ電磁界をさまざまな電力密度(0.04 mWcm2 から2 mW/cm2まで:現行の安全制限値未満から制限値以上まで。)で2、8、24時間ばく露した。染色体レベルの遺伝的損傷小核形成で評価し、DNA鎖切断およびアルカリ感受性サイトはコメットアッセイで定量化した。その結果、DNA鎖切断およびアルカリ感受性サイトにばく露の影響は観察されなかった;ばく露は、小核形成誘導による染色体損傷を引き起こさなかった、と報告している。

ばく露