[20 kHzまたは60 kHzの磁界ばく露後にラットの生殖および成長に対する毒性は見られず] med./bio.

Absence of reproductive and developmental toxicity in rats following exposure to a 20-kHz or 60-kHz magnetic field.

掲載誌: Regul Toxicol Pharmacol 2012; 64 (3): 394-401

この研究は、ラット生殖および成長に対する20kHzまたは60kHzの磁界ばく露の影響を調べた。交配前に、8週齢の雄、雌ラット(SPF/VAF, Crl:CD(SD))別に20 kHz、0.2 mTの磁界または60 kHz、0.1 mTの磁界に1日22時間、14日間ばく露させた(各群24匹)。交尾後の雌ラット妊娠7日目までばく露を続けた後、屠殺して生殖系への影響を調べた。雄ラットばく露終了後に屠殺して精子形成を調べた。全ての検査はブラインドで行い、各周波数についての実験を2回繰り返した。その結果、生殖周期、交尾・繁殖の指標、黄体数、着床部位、着床前または着床後の胚損失率にばく露に関連した有意差は見られなかった;精子の数、運動率、形態異常精巣および精巣上体の重量にばく露による変化は観察されなかった;ばく露群、擬似ばく露群において、子宮卵巣精巣精巣上体の一般病理学および組織病理学上の有意な異常は観察されなかった、などを報告している。

ばく露