[さまざまな光条件と弱磁界中での大西洋サケ幼魚(Salmo Salar L.)の運動活性] med./bio.

Locomotor activity of atlantic salmon parr (Salmo salar L.) in various light conditions and in weak magnetic fields.

掲載誌: Anim Behav 1974; 22 (1): 178-186

日の出から日没の時間に周期を合わせた人工光の実験室で運動活性の実験を行ったが、16匹中10匹の大西洋サケの幼魚が夜行性であり、その大よその周期が24時間であることが示された。残り6匹は光の変化後に昼行性または活動を見せた。2匹は6時間シフトの光周期に同調した活動活動パターンにシフトした。6匹を一定光では活動パターンは示さず、11匹中2二匹が一定の暗状態で弱い活動パターンを示した。活動周期のタイミングに、大西洋サケの幼魚には明暗周期に依存していることが示唆される。12匹中の3匹は地磁気の水平成分の4倍の磁界を加えると活動レベルは上がり、活動パターンも変化した。残りの魚は運動活性になにも顕著な変化は見せなかった。

ばく露

関連論文