[航空交通管制用の通信、ナビゲーション、レーダーシステムからの職業ばく露および公衆ばく露] tech./dosim.

Occupational and public field exposure from communication, navigation, and radar systems used for air traffic control.

掲載誌: Health Phys 2012; 103 (6): 750-762

この研究は、飛行場内の職場環境および周辺の公衆環境を含む50ヶ所の1073の測定位置において、航空交通管制(ATC)の通信、ナビゲーション、レーダーシステムに関する14種類の信号による電磁界ばく露(255 kHz to 24 GHz)を測定した。その結果、全測定位置での測定値から、職業ばく露および公衆ばく露の代表値および最大値が示された;14種類の内、無指向性ビーコン(NDB)、ドップラー式超短波全方向式無線標識(DVOR)のレベルは高かったため、ICNIRP参考レベルを超えないためには最小接近距離の設定が求められる;飛行場から500mの位置で、ATC以外にも全てのRF発生源(TV、FMなどの放送電波、各種の携帯電話電磁界など)からの累積ばく露を測定したが、ATCからのばく露が優勢であった、などと報告している。

ばく露