研究のタイプ: サーベイ (疫学研究)

[冷戦下のマイクロ波:モスクワ大使館研究とその解釈。後向きコホート研究のレビュー] review

Microwaves in the cold war: the Moscow embassy study and its interpretation. Review of a retrospective cohort study.

掲載誌: Environ Health 2012; 11 (1): 85-1-85-10

冷戦下の1953-1976年、在モスクワ米国大使館に2.5-4.0GHzのマイクロ波照射されたことから、同大使館員とその家族の健康を、他の東欧諸国の米国大使館員と比較した包括的な調査が実施された。この調査報告は査読付文献には発表されていないが、当時、この報告に対する多くのコメントが公表された。この研究は、当該調査報告及びそれらのコメントを包括的にレビューしている。。その結果、この問題のばく露レベルは低かったが、今日の携帯電話基地局等の無線周波発生源からのばく露と同程度かそれ以上であった;この調査は、死亡率有病率についての広範な調査に基づき、放射による健康への悪影響は見られなかったと結論付けていた;「この調査の妥当性は、他国の大使館員が同様の無線周波ばく露されなかったという仮定に依存しているが、これは疑問であり、データの別の解釈が存在する」とのコメントが公表されていたが、そのコメントは報告書の結果の解釈の誤りであり、本来の調査報告の結果は支持される、と報告している。

影響評価項目

ばく露