[60 Hzの電界にさらされたエンドウマメ(Pisum sativum L)の根の成長プロセスの阻害と回復] med./bio.

Inhibition and recovery of growth processes in roots of Pisum sativum L. exposed to 60-Hz electric fields.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1981; 2 (4): 329-340

エンドウマメ根を慢性的に60Hz、140-490V/m(伝導度0.08S/m)の電界ばく露し、根の成長速度、分裂組織細胞指標、根の成長速度のリカバリーなどを調べた。140V/mでは、成長速度、分裂には変化はなかった。430V/mでは、成長速度と分裂は低下した。分裂は最大の抑制(対照の55%)が4時間で生じた。成長速度の抑制は、直ちに生じ継続した。根を430V/mで2日間電界ばく露すると、成長速度は40%抑制された。電界を切ると、成長速度は回復して5日後には正常に戻った。490V/mでは、成長速度はほぼ完全に抑えられた。このような結果から、膜電位誘導は、非常に狭い範囲で生じ、成長速度を僅かに変える状態から、完全に抑制するものまであった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露