[クリプトクロムにおける磁気に敏感な光誘導性応答は提唱されている磁覚器としての役割と一貫性がある] med./bio.

Magnetically sensitive light-induced reactions in cryptochrome are consistent with its proposed role as a magnetoreceptor.

掲載誌: PNAS 2012; 109 (13): 4774-4779

この研究は、青色光受容体タンパク質であるクリプトクロム中の光誘導性のフラビン‐トリプトファンのラジカルペアの動態力学及び量子場が磁気に敏感であることを実験的に示した。具体的には、これらのラジカルペアの動態に対する磁界効果の根本的メカニズムを明らかにし、磁気強度依存性を測定し、スピン依存的プロセス・スピン非依存的プロセス・スピンの脱デコヒーレントプロセスの反応速度を測定した。その結果、クリプトクロムが化学的な磁覚器としての目的に合致していると主張している。

ばく露