[電磁過敏症の測定方法についての仮説] tech./dosim.

Hypothesis on how to measure electromagnetic hypersensitivity.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2013; 32 (3): 281-290

この論文は、これまでの大部分誘発研究電磁界EMF)と電磁過敏症(EHS)の関連を見つけられなかった理由に取り組み、EHSの病状の診断と識別化に関する仮説を提出するため、携帯電話電磁界ばく露下での心拍変動微小循環皮膚電位の同時記録に基づいてEHSを分類することを試みた。その結果、3つのパラメータ(HRV、皮膚電位微小循環)の測定結果のパターンにより、健常者、真性の’EHSの人、その他の要因に過敏な人を識別できるかも知れないとする分類方法を示した;ただし、植物神経系の変動性が、この現象を常套的な統計的手法で研究することを困難、または不可能なものにしている、と報告している。

ばく露