研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マウスの体重、活動性、造血機能、寿命に対する800 MHz電磁界の影響] med./bio.

Effects of 800-MHz electromagnetic radiation on body weight, activity, hematopoiesis and life span in mice.

掲載誌: Health Phys 1971; 20 (4): 421-424

この研究は、哺乳動物モデルシステムとして作用するマウスに対する800MHz高周波全身ばく露の急性および慢性の影響の可能性を調べた。影響評価項目は、体重、活動性、造血機能および寿命であった。
ばく露時間は、2時間/日、5日/週、 35週間であり、平均電力密度は、43mW / cm2。その結果、研究で使用されたばく露条件の下では、調査されたパラメータにおいて有害な影響は検出されなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate possible acute and chronic effects of 800 MHz radio frequency whole-body exposure on mice acting as an mammalian model system.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 800 MHz
ばく露時間: 2 h/day, 5 day/week for 35 weeks

ばく露1

主たる特性
周波数 800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 2 h/day, 5 day/week for 35 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 導波管
  • 9.75 x 4.875, 10ft long in TE10 mode, closed at both ends
ばく露装置の詳細 12 compartment acrylic resin plastic restraining cage inside the waveguide
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 43 mW/cm² mean - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Under the exposure conditions used in this study no detrimal effects could be detected in the investigated parameters.

研究の種別:

研究助成