研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[カンジダ ・アルビカンス細胞に対するミリ波の影響] med./bio.

Millimeter-wave effects on Candida albicans cells.

掲載誌: J Bioelectricity 1985; 4 (1): 171-176

この研究は、培養カンジダ・アルビカンスに72GHz連続波(CW)および1kHz方形波変調72GHzのばく露を同じピーク電力で与える実験を行い、先行研究(1kHz方形波変調72GHzばく露のみ)で報告されたコロニー形成単位の数の有意な減少が見られるか否かを検討した。その結果、擬似ばく露群と比較して、CWばく露群では、増殖速度が上昇(約25%)したが、方形波変調ばく露群では、増殖速度が約15%の低下した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of amplitude modulated (AM) and continuous wave (CW) 72 GHz microwave exposure on the colony-forming ability of the fungus Candida albicans.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 72 GHz
Modulation type: AM
ばく露時間: 3 h
ばく露2: 72 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 3 h

ばく露1

主たる特性
周波数 72 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 3 h
Modulation
Modulation type AM
Modulation frequency 1 kHz
Additional information

1kHz square wave modulated

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 円筒導波管
  • two open flanged waveguides
チャンバの詳細 sampel holders
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 200 µW - 推定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 72 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 3 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 円筒導波管
  • two open flanged waveguides
チャンバの詳細 sampel holders
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 200 µW - 推定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

CW microwave exposure caused a mean increase of 24% of colonies, whereas exposure to AM modulated microwaves leads to an mean reduction of 16%. It is to mention that the results showed a remarkable variability, which is difficult to explain.

研究の種別:

研究助成