[時間パターンをもつ磁界はプラナリアの完全な断片化を起こす] med./bio.

Temporally-patterned magnetic fields induce complete fragmentation in planaria.

掲載誌: PLoS One 2013; 8 (4): e61714

この研究は、複雑な時間パターンの磁界下で、プラナリアの生育への影響を調べた。磁界ヘルムホルツコイルおよび方形コイル対で発生させ、それぞれのコイル対内のばく露エリアにプラナリアを入れた広口瓶を置いた。磁界の時間パターンはFMパターン(パルス幅2.58秒のパルスの反復)とGMパターン(パルス幅15.3秒のパルスの反復で、スペクトルパワーが指数関数的に上昇する)であり、ばく露エリアの磁界ピーク値は、FMパターンの場合、2 μT(ヘルムホルツコイル)から200 nT(方形コイル対)の範囲であり、GMパターンの場合、5.5 μT(ヘルムホルツコイル)から490-600 nT(方形コイル対)であった。これらのパターンと磁界強度をさまざまに組み合わせたばく露実験を行った。その結果、FMパターンの1日6.5時間、5日連続ばく露に引き続き、5日目にはGMパターンの6.5時間ばく露を追加した結果、プラナリアは24時間以内に100%分解した(磁界強度によらず);反対のばく露順(GM 5日間+5日目のFM追加)またはどちらか一方のみのばく露(FM 5日間+5日目のFM追加、GM 5日間+5日目のGM追加)ではこの影響は見られなかった;ビデオ撮影で観察すると、FMパターンへのばく露プラナリアの増量(目分量で2倍)が見られ、GMパターンのばく露が開始されるとプラナリアの量が減り(約1/2にまで)、死滅が起きた、と報告している。

ばく露